広島で新しい家族を待ってます
広島ドッグパークでは里親を募集中、 現地の情報で現場で接している目線で犬を紹介します。 現在保護団体が活動してますが、このブログは ワンコとボランティアさんたちを支援するブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
回答書1
高島市酒波・井伊地区住民とAAが4度目の話し合いの場を持ちました。
それに先駆けて、三回目の話し合いで話題になった質問への
回答を『回答書』という形で行いました。

皆さんも、お仕事や、プライベートで回答書を出された・・・
ことなんて無いですよね、ほとんど。
行政機関ならイザ知らず、
一般人が周囲に対して理解を求めようとするための回答書、
自分ならどの様に書いて提出するかを、まず想像してください。

出来ましたか?
皆さんならどの様にお書きになりますか?


では、目次としてどのような資料が提出されたのか提示いたします。

目録
第3回目地元集会に関する質問書に対する回答書
動物愛護団体「アークエンジェルズ」概要
シェルター建設計画書
滋賀シェルター平面図
建設計画、運営計画概算見積書
団体役員名簿
勘定科目残高一覧表
団体定款
疥癬症データー
診断書及び犬種明細
抗菌洗浄剤、商品案内
バイエルメディカル社の製品安全データーシート

だそうです。『データー』って・・・
この項目一覧ですでにおかしいところがあるのですが、
おそらく、
地元の方から上記のような書類を提出して欲しいとお願いがあったため、
使っている言葉がおかしい事に気がつかないのでしょう。
私なら『建設計画書及び建設経過書』とでも表現します。
だって、既に工事が進んでいるんですから。
[回答書1]の続きを読む
一度読んでください。
先日の裁判の詳細が発表されました。
裁判の資料には、表情、目線、声のトーンなどは書き込まれません。
実に、一見の価値のある口頭弁論でした。

所有権確認請求事件-経過報告ブログ-

皆様、ご感想はおありでしょうが、
原告、被告の自筆を見ると、『なんだかなぁ・・・』って思いました。
副代表の役を担いながら、広島DPの犬の数をメディアで知る、
代表に至っては、
自分達の会議の議事録の署名捺印の確認日時がわからない。

責任ある大人が、たいそうな役職名をつけてまでとる行為としては、
はなはだおかしい言葉が並んでいます。

追伸:ツバサの情報を引き続き募集いたしております。
一部のポスターをはがしたのですが、
それに代わる捜索をしているという噂すら聞きません。
どうぞ、皆様のご協力をお願いいたします。
ツバサの捜索について
ツバサの捜索について、皆さまにご協力頂き、情報をいただいていることに
一同心から感謝しております。


さて、所有権確認請求事件-経過報告ブログ内でツバサ捜索のお願いのポスターが紹介されていましたが、
そのポスターが貼られていることについて、警察にクレームがあったようです。
クレーム主は、AAです。
自分達の犬を勝手に探されては困る、というものだそうです。


彼らは自分達の犬だと豪語するのみで、HP上はおろか、
捜索の協力を呼びかけているという話は聞きません。
自分達の犬だから探してくれるな、という理論は破綻しています。
権利だけを主張する。
相変わらずこれが彼らのやり方です。


ツバサが行方不明になったとされる日から2週間が経ちました。
残念なことに、今のところ、ツバサに結びつく結果に至っておりませんが、
ツバサの命に関わることでもありますので、
私達は根気強く捜索および情報の収集を続けていきたいと思います。

ポスターを使って捜索にご協力いただいている皆様におかれましては、
このような事情をお含みおき頂き、
ご自身が不要に巻き込まれることのない範囲での
ご協力をお願いいたします。




ツバサの情報を下さい
現在もツバサの捜索は継続しております。
彼が裁判で保全されているため、限定して行っているつもりでしたが、
(実際には、たくさんのご協力ありがとうございます)
遺失物の届出があったような情報も入っていません。

方々、手を尽くしておりますが、
なにぶん時間が経過しすぎているため、目撃情報すらありません。
交通事故などの事故に巻き込まれる可能性もありますし、
ここのところ、朝夕と気温も下がってまいりましたので、
積極的に捜索しても問題ないと判断し
今後の捜索の継続を決めました。

現在も、たくさんのブログやHPでご協力いただいており、
心から感謝いたしておりますが、
今しばらく、もう少し、皆様のご協力を頂戴したいとおもっております。

10月17日午前0時55分ごろ、一部訂正

どんな小さな情報でもいいので、是非ご協力ください。
尋問の様子
本日は、犬たちの所有権を争う裁判における被告尋問の期日でした。


出頭 原告代理人
    被告、被告代理人

内容  被告の尋問・・・主尋問40分 反対尋問10分
    
傍聴人 11名


主尋問(被告代理人からの質問)の内容は
・原告および原告代表者との関係
・犬たちが移動することになった経緯、移動日の状況
・犬たちの搬入当初の健康状態など
・犬たちのその後の扱いについて など


これに対し、反対尋問(原告代理人からの質問)では
DP撤退時期を知ることになった経緯について少し質問があり、
その後は「ホストファミリーに預けた犬」について、「無責任だ」と
原告代理人がなぜか激高しながら論じる場面があり、
狂犬病の注射の証明はこちらにあるということを主張されて
終わりました。

  **下線部分、誤記の為訂正しました。10月15日午後16:05分


開廷時の裁判官からのアナウンスによると、反対尋問予定時間は30分
ということでしたが、実際は10分ほど。
被告に聞きたいことはあまりなかったんでしょうか・・・


 次回期日  11月12日(月)午後1時10分




主尋問の最後、「犬にとって幸せとは何だと思うか」という問いに対する
被告の答えの中に、印象的な言葉がありました。

愛護団体を名乗る彼らが、どうして(犬たちを)格子なき牢獄入れる
ようなことをするのか疑問です。
一日でも早く、あの子たちが幸せな家庭に入ることを望んでいます。



ツバサを探して下さい。
ツバサ(ビーグル)という犬が行方不明になりました。
ツバサ1

アークエンジェルズが自ら起こした裁判で保全措置をしていた犬の中の一頭です。
2007年10月5日に行方不明になりました。
詳しい記事はこちらです。


80頭あまりの犬達
高島で、都島で、事件が次々と起きています。

事件が嬉しいはずは決してありませんが、その度に
各方面の方々から情報が入ってきます。
心底ありがたいです。
心からお礼申し上げます。

さて、現場が分散して、法廷での展開もある以上、
適宜新情報をお伝えするべく、当方は手分けして事に当たっています。
行方不明なのは、つばさと言う名のビーグルだけでなく、
疥癬犬と、もともとの某グループの保護犬をあわせて
80頭ほど(グループによる)のようです。

本部事務所、神戸現場等、思いつくところはあたりましたが、
どこにも80頭もの犬達はいませんでした。
継続して調べていきますが、こちらの行方不明も奇怪で不気味です。

高島に移動するためのワンステップなのでしょうが、
現在そこで全頭保護できているのですから、高島に移す必要が
どこにあるのか、ますますわからなくなってきました。

[80頭あまりの犬達]の続きを読む
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。