広島で新しい家族を待ってます
広島ドッグパークでは里親を募集中、 現地の情報で現場で接している目線で犬を紹介します。 現在保護団体が活動してますが、このブログは ワンコとボランティアさんたちを支援するブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カケラ
2007年8月26日夜、
デールは病院内で最期をむかえました。
関係者は最期の瞬間には間に合わなかったようです。

8月24日、
都島の事務所スペースでフリーの状態にあったデール達が、
ゴミ箱をあさって、なんらかのものを口にした模様。
この日、デールには明らかな体調異変が見られていたが、
しばらく様子を見る措置をとる。
8月25日、
ライブにもデールと同じような異変が認められ、
急遽二頭を連れて病院へ。そのまま二頭とも入院。
この時、デールの血液検査の数値が、かなりの異常値を示していて、
薬品および、薬品に準じるものを誤飲した可能性がみられた。
8月26日、
デールはこの日がやまだろうと言われていた。
この日の夜、デールは天に召されたが、
病院からの連絡に対し、その瞬間に立ち会えた関係者はいなかった。
現在、
ライブも誤飲により、危篤状態に陥っている。

事務所スペースでフリーの状態になっている犬たちは、
ゴミ箱をあさったり、拾い食いをしたりするのは、
日常的になっているようです。

ライブが危篤状態に陥っている事を、
デールの責任にしないで下さい。
二頭の犬がこのような状態になったということは、
彼らがした行動を、日常の行動にさせてしまった人間の責任です。
ゴミ箱をあさる、拾い食いなどの行為は、
彼等にとって、いけないことをしているという自覚は無かったはずです。
人間が手をかけて、初めて理解できうることです。
その労を惜しんだ結果が、この状態です。


デールは里親さんが決まっていたはずです。
そこに出していれば、今回のような悲劇は起きなかったはずです。

私たちの中には、デールの世話をしたことがある人もいます。
私たちは彼の問題行動を知っています。
ですから、里親が決定したとの知らせを聞いたときには、
心から喜びました。

デールが経験するはずだった、
ごく当たり前の日常を勝手な都合で奪い、
広島でデールと接した人なら誰でもが知っている、
彼の問題行動である『誤飲』で
命まで奪ったのは、ほかならぬ人間なのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アークは
アークエンジェルズの代表含めスタッフは何してるんでしょ。誤飲で犬死なせるなんてありえない。しかも薬品類。なんてお粗末な。犬飼う者として初歩的以前の問題。デール君殺したのはあんた達です。
2007/09/06(木) 03:58:18 | URL | はぁ #-[ 編集]
はぁ様
犬と一緒に生活する時点で、私たち人間はたくさんのことをしなければなりません。
対象の犬にどんな癖や、問題行動があっても、
基本的に口にしそうなものは置かないのが鉄則のはずです。
2007/09/08(土) 10:45:10 | URL | 広島広報支援の会 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。