広島で新しい家族を待ってます
広島ドッグパークでは里親を募集中、 現地の情報で現場で接している目線で犬を紹介します。 現在保護団体が活動してますが、このブログは ワンコとボランティアさんたちを支援するブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
回答書2
次は、飼養頭数に関してです。
『適正飼養頭数を決めており、10頭に付き1人必要だと考えています。
300頭だと30人のスタッフが必要でありますが、
今のところそこまでは考えておりません。』

まず、適正飼養頭数の根拠が示されていません
AAの今までの経験だというならあまりにも経験が無さすぎます。
『万一、問題があった場合の責任の所在は代表にあります。』
ここで、個人名を挙げないのは、私は逃げていると思います。
他人になすりつける事も可能だし、
今は選任されていない状況だと言い逃れも考えられます

『鳴き声に関しては、犬にも感情がありそれにより鳴く事もあります。
犬の知能は2、3歳の子供と同じぐらいだと言われていて、
聞き訳の無い子供と同じように泣けば躾をします。
それでも聞かないようであれば隔離し、訓練します。』

まず、漢字の変換がおかしくて、真意を測りかねます。
変換を<聞き訳→聞き分け><泣けば→鳴けば><聞かない→効かない>
のように置き換えるとすれば・・・
犬の知能に関しての根拠がありません
一般的には、子供と同じように泣かなくても、鳴かないように躾はします
隔離する事と訓練する事が切り離されています。
という事は、隔離して鳴き声を止ませる、
ないしは、鳴き声を小さくする事が出来るというのでしょうか?
鳴いている理由に関係なく、通常以上の躾、訓練が必要というだけで
隔離してしまうのは、犬を扱うにあたって安直過ぎると思います。

『糞の処理は、数箇所に常備してあるビニール袋により取ります。
一箇所に集約し、市指定の焼却場で処分します。
尿はエタノール消毒液の噴霧により消毒、
コンクリート土間はヒビテン、ビルコン等の塩素系消毒液で洗浄します。』

糞を処理するのはボランティアだけなのでしょうか?
彼自身が作業しているのを見た人がいません。
塩素系の消毒は、人間ですら体毛が変色するなどの影響があります
犬が常に触れる場所であったり、その廃液がそのまま周囲に流れるのであるなら、
その廃液の処理は必ず問題になります
。自然は人間ほど鈍感ではないですから。

『一般家庭の飼い犬は月に一回ぐらいはトリミング店にてシャンプー、カットを施しますが、
当施設では、一週間から10日間隔ぐらいで行います。ブラッシングは毎日行い、
それにより被毛の脱毛をします。ブラッシングで毛の自然飛散はほとんどなくなります。
それでも外へ出る様なら、植林やフェンス塀の補助増設を検討します。』

一般家庭が月1でトリミングに・・・そんなに経済的に恵まれた人ばかりではないでしょうに。
確かに月に一回ほどのシャンプーは行いますが、
トリミング店と限定されては・・・自宅で行っている人もたくさんおられます。
それから、1週間おきのシャンプーは、犬の皮膚を弱める可能性もあります。やりすぎです。
『ブラッシングで自然飛散はほとんどなくなります』というのは、
犬の毛が抜けるという事自体の本質を理解できていません
ブラシをかけなくても、毛の自然飛散はほとんどありません
街中で犬や猫の毛を見かけないですよね。山中で野生動物の毛を見かけないですよね。
毛が飛散するというのは、狭い環境で長時間飼育するので目立つのであり、
シャンプー、ブラッシングの後処理が出来ていないので飛散するのです。
処理が出来ない人間が、文章中にあるように作業すると・・・
恐ろしい結末になるかもしれません。
施設周囲に植林するには、自らがコンクリートで土を隠してしまったので、するはずもなく、
フェンス塀なんか作らせるのはもってのほかで、隠れて何をしているのか分からなくなります

『消毒液メーカーの安全データーを提示し安全性を証明します。』
消毒液の安全性が問題なのではなく、使用者が使用方法を守るかどうかが問題なのです。
『犬の健康チェックは毎日、行いますが、万一、疥癬症等が再発した場合は、
提携獣医師の指導の元、適正な治療の再開を開始します。』

相変わらず句点の打つ場所が・・・健康チェックって毎日していますか?
一般的な飼い主は、自分の愛犬の便の様子や、動きの様子、
フードの食べ方などで、チェックはしていますが、
それを健康チェックとして回答するほどのものでしょうか?
ここで求めているのは、素人以外の手による健康チェックのはずです。
一般的なチェックをしているなら、その資料を作っておかないと、
誰でもが基準を同じくして犬の世話をすることが出来ません。
チェックの実績を示す必要があるはずです。
再開を開始って・・・同じ言葉を続けるとテストで点はもらえなかったはず。
それとも、治療の再開を最初から考えているのでしょうか?
『治療方法はムトーハップの薬浴、イベルメクチン注射をし、
該当犬は隔離室に移動します。』

ビルコンや、ムトーハップは使用者の手で希釈する必要があります。
目分量で行えば影響が出る可能性が高くなります。イベルメクチンの注射にかんしても、
その判断は獣医師が行うもので、素人が行うものではありません。
イベルメクチンなら、ストックがあるのでしょうか?安く手に入るのでしょうか?

『現在の保護頭数は91頭です。月に一回の割合で譲渡会を開催し、
1回につき40頭前後がエントリー、90%の犬が里子に出たこともあります。
活動実績からして飼育頭数は流動的で、
1頭でも多く里親様のところへ引き取られるよう努力しています。』

現在の保護頭数だけの提示ではなんの資料にもなりません。
事務所内での飼養頭数、一時預かりでの飼養頭数を明確にしないと、
数字のつじつまを合わせるだけで、いくらでも病気の犬や、問題行動のある犬をふやせます。
事業計画についても回答書が示されています。
『団体の理事役員の名簿は提示します。』
『予定人員は、平日2~5名、土日、祭日は5~10名。
飼育費用は1頭あたり10万円/年と見積もっております。
(餌、不妊手術、狂犬病、フィラリア、ワクチンなど)
施設の維持管理費は60万円/月、720万/年と見積もっています。』

まず、祭日は今の日本には存在しません。全て祝日となりました。
確か、フードは企業からの支援があって、提携病院で手術治療してもらうんですよね。
自分達の手元にいるときに施した手術費用を、
里親から徴収するのであれば、この金額も変わってきますよね。
徴収する予定の手術費用を、予算に入れるという事は、
その犬が長期にわたって団体の手元にいるという事になるのでしょうか?
薬代なんかは、犬の大きさで随分と変わります。
この10万円はきちんと考えて算出された数字なのでしょうか?
ここでも示された数字に対する根拠が述べられていません
犬の大きさで大きく変わる数字なのに、提示した数字は一つ。
チワワとレトリバーを同じ数字で表現するのは、あまりにも乱暴です。
施設の維持費でも同様です。維持費に付き60万もかかるとほかに何も出来なくなります。
この維持費の内訳も示されていません
施設の維持管理費と表現するなら、光熱費、税金、修理費ぐらいのものです。
オール電化の光熱費が20万以上かかるのでしょうか?
それなら、電化する意味がありませんww

『これまで、ボランティアさんの協力により運営してきましたが、
問題なく1000頭/年の犬を保護してきました。
施設運営にあたり、有償ボランティアを雇用する予定です。
人員確保については、通勤可能な滋賀県かより募集する予定です。』

まず、人を雇用するとき、ボランティアとはいいません。従業員です。
そして、この人員は確保できていません・・・
たしか、先日紹介した記事の中には、『スタッフの確保は出来ています』と書いてありました。
多頭飼育の質問での答えです。
高島が都島での状況を聞いているとするなら、前後の質問とかみ合いません。
多頭飼育の質問では確保できていると答えたにも関らず、
事業計画の質問では、これから募集すると答える。

万が一、現在の確保できてるスタッフがボランティアで、予測できる時期に
高島での作業が出来なくなるとするなら、それは『確保できていません。』です。
従業員の募集をする(確保が出来ていない)にもかかわらず、
いつ来れなくなるかもしれないボランティアを『確保』と表現する。
これまでも、言葉の端々に見えてきましたが、
認識や表現の違いなどではなく、彼等がその程度にしか考えていないために、
矛盾が生まれ、回答書内で破綻してしまうのです。

『有償ボランティアが必要と考えています。
大阪では現在、4~10名のボランティアスタッフが飼養管理をしております。
40頭ほどですが、午前中で作業は完了し、常駐二人が待機しています。
人件費の予算は2~4人のパートタイマーで賄えると思います。』

何度も言いますが、有償の時点でボランティアではなく従業員です。
大阪に40頭“ほど”いるそうです。数字はきちんと出しましょう
限りある命を把握できないのなら、活動として破綻しているといえます。
午前中で作業は完了しません。人間のリズムになれていない犬の場合、
排泄は犬次第ですし、40頭の散歩を午前中に見かけた人は、
私たちの取材ではおられませんでした。
人件費の予算に関しては、こんどは金額が示されていません。
時給、一日の勤務時間、一ヶ月の勤務日数に人数をかけたものが予算です。
予算とは数字そのものですから。

『300頭に対して30人の配置を考えると、経費、意地管理費は相当なウェイトを占めますが、
現在の資産からすると、募金等が無くても3年間は維持できると目算しております。
毎年、会費、営利事業収益、募金がありますし、予定通り健全に運営は行われております。』

この一文に関しては、回答自体の言いたい事が分からないので、
高島の方々がどの様な質問をしたかすら分かりません。
おそらく、資金面でこれから先どのような運営をするかという質問なんでしょう。
質問に対して言い訳から入るあたり、AAらしいのですが、
3年間の維持の根拠が示されていません
(実は、このあと、彼等の試算が書かれた資料があるのですが、
その資料が、これらの説明に全く当てはまらないのです。)
これまでの数字から試算しますと、年間1000頭で1頭10万円、維持費が720万円。
一年以内にAAの手元を離れる犬の費用の分を、諸経費と計算して、
1000×10万+720万=10720万(1億720万)
ね!3年間の根拠が示されて無いでしょ。
ここで『営利事業収益』という言葉が出てきました。
これがグッズ販売などなら・・・
そうなんです。やっぱりボランティア活動も営利事業なんです。
世間一般的に、ボランティアだからこそ、社会での競争をしなくていいだけで、
自分達の目的のために行うんですから、営利なんでしょw
『営利事業収益』といえば、利益のことです。
『バザー、グッズ売上』といえば、売上のことです。どう違うかは・・・
毎年の予算の発表もなく、何をもって予定通りとするのでしょうか?
予定通りでなくても健全に運営は出来るはずです。
予定通りであって、なおかつ『健全』をアピールしなければならないのってどうしてでしょうね?

『活動履歴は2年、個人的には5年、
保護犬の実績と共に収容施設の運営も平行して行われており、
実績に値すると考えています。
崩壊現場での活動の方が収容施設管理より過酷な環境での飼養管理状態ではありますが、
それらを無事に運営しております。
NPO法人化につきましては将来的には考えておりますが、
社会的信用度としての目的では考えておりません。NPO=信用度とは考えていません。』

これも、解釈するのに時間がかかり、
本当に無駄な時間をすごしているなぁと思ってしまいます。
収容施設って何所ですか?何ですか?都島の事務所のことを指しているなら、
保護犬の実績と区別する必要はありません。運営って何をしていた、しているのでしょう?
収容施設が保健所、保護犬が虐待などにあった犬、
崩壊現場がブリーダー
と考えるのがいいのでしょうか。
保健所、動物管理センターなどの運営に関っているなんて、どの口がいうのでしょうか?
単純に、保健所から引き取っているだけであり、
運営に関っていると自分の口でいうなんて、私たちには恥ずかしくて出来ません。
ブリーダーが保健所より環境が劣悪で、その運営を無事に行っている・・・
ブリーダーの運営を行っているのでしょうか?まさか、違いますよね。
NPOが社会的信用と考えて行うなら、必ず失敗します。
一般の人間からみればNPOというだけで、責任の所在もはっきりし信用できる部分もありますが、
本人たちにとっては、法律上や税制上で有利になるだけです。
暴力団でも、詐欺師でもNPOを名乗る事が出来ますので、
NPO=信用とはいえません。強いて言うなら、NPO=やる気度といったところでしょうか。

『テーマパークでは営利事業として犬を見世物にし、
繁殖させて仔犬をペット販売していたのです。
いくらブームといえ動物を道具として経営している事業形態では破綻も有り得ます。
当団体は非営利事業であり、善意の方々が集まって
自主的に自己責任に置いて参加し運営しているので破綻はありえません。』

わんわん王国、ひろしまDP、ムツゴロウ王国の名前がありました・・・
ここでも非営利とあります。先ほどは営利事業収益って言ってたのに・・・
善意の方々が集まっているから破綻が無い、
その方々の自主的な参加だから破綻が無い、
自己責任に置いての参加だから破綻が無い。

破綻が無い理由がボランティア参加の方々の身の振り方次第ということは、
破綻したときの責任はボランティアが負う事になるのでしょうか?
飼養頭数に関する質問で、『万一の時の責任は代表にあります』といっているにも関らず、
破綻しない理由はボランティアだからだというんです。

『事業計画は行政に対して任意に提出しております。
憶測、悪質な噂、一部マスコミの攻撃的かつ悪質な報道により、
世間に悪影響をきたしておりますが、事実無根でありBRCに提訴しましたが、
人権侵害に関しては<問題無し>となりましたが、
放送局には厳重注意をされています。』

行政に対して任意で事業計画が提出されているようですね。
施設の排水工事の書類の提出もしない団体が、
任意で事業計画を提出するでしょうか?行政からすこしでも働きかけがあった場合、
それは任意とは言いません。刑事事件の時には、任意同行がありますが、
一般的には行政から働きかけ、口頭でも、お願いでもあった場合は、全て『指示』になります。
ここでも、逆説の『が』の多用によりわけのわからない文章になっています。
ようは、自分達が売った喧嘩で自分達が負けたということと、
その中で少しは相手にダメージを与えたということでしょうか。

『2件の訴訟事がありますが、
一件は保護犬を預けた先が犬を返さない為に返還訴訟を提起しております。
もう一件は、寄付行為をした人からの寄付金返還訴訟です。
本来、寄付行為は自身の責任にて行う行為ですが、1億円を超す寄付金が集まり、
将来、余剰金が出る見込みで有った為や
他の犬を救う為には使用して欲しくないというご意見が出て、
一部を返還する事を決めて公募したのでした。期間限定での返還に応じての公募であり、
どさくさに紛れて返還要求をしてきた者との訴訟をしております。
いずれも当方の正当性が判断されると信じております。』

裁判に関しましては、当事者がいるため私たちで判断するより、
その当事者の意見も聞くのが良いと思います。
ただ、2件の訴訟であってますか?もう1件忘れてませんか?
この回答書の作成年月日は10月26日です。
文書の構成がおかしくて、書類になっていないのには言及いたしません。
もう、疲れました。
寄付金返還裁判は、余剰金が出る見込みだったからではなく、余剰金が出たからであります。
集めるときは期間を決めないのに、返すときだけ期間を決めるんですね。
そのうち、デールやシットも彼等の看板にされ、DP基金のようなものを作るのでしょうか?
他の犬を救うために使用して欲しくないのではなく、AAに使用して欲しくないのです
いまだに裁判の趣旨を理解していない被告なんですね。

そして最後に、
『地元住民及び、関係諸氏におかれましては、
平安要素や不信な事もあろうかと思いますが、
当団体としては皆様の貴重なご意見をお聞きし、真摯に受け止めて
改善するところは改善し、検討するところは検討し、
最後までご理解をたまわれますように努力して行く所存でございます。
私たちは、地元に溶け込む活動を行って行き、
全国に先駆けて殺処分ゼロを目指し、
欧米諸国のような動物先進国になれるように活動を継続していく思いです。
また、地元にお世話になる以上、
地元繁栄に少しでも協力し尽力していきたいと考えておりますので何卒、
不幸な動物たちに慈悲深い愛情を掛けて頂き、
一日も早く保護犬の受け入れ理解を頂きたいとお願い申し上げます。』

主語、述語が無茶苦茶すぎて、何がいいたいかわかりません。
この文章が意図するところはなんなのでしょうか?この文章を簡単な言葉にすると、
『地元の方々が不安でも、AAは地元の意見を聞いて、
できることはするがそれ以外は、
地元の方がAAに対して理解を示してくれるようには努力する。
地元に溶け込む活動をしながら、今までの活動と同じ事をします。
地元の方が理解を示してくれれば、地元に利益が出るようにも考えますので、
不幸な犬に愛情を注ぎ、私たちの手元にいる犬の搬入をさせてください。』

といったところでしょうか。平たく言うと、
地元が何かしてくれたら“努力”はする。
地元次第である程度の還元もするから早く犬を入れさせてくれ。


結局何もしないんですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント

>活動履歴は2年、個人的には5年、
個人的には2-3年です。

>当団体は非営利事業であり、自主的に自己
>責任に置いて参加し運営しているので
>破綻はありえません
営利事業でさえ、破綻しているのに、思考が逆だろう。

>自己責任に置いて参加し運営しているので
ボラはただ働きの自己責任?
恐ろしい!
2007/11/09(金) 23:55:17 | URL | 嘘発見 #HfMzn2gY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/16(金) 04:59:55 | | #[ 編集]
嘘発見様
コメントありがとうございます。
返事遅れました事お許しいただけると幸いです。
私たちでは分からないことがたくさんあるこのやり取りは、
きちんと公開して、たくさんのお知恵をお借りするのが一番だと考えています。
今後もご指摘いただきますようお願いいたします。

鍵コメ様
返事が遅くなりました事お詫び申し上げます。
ご連絡いただきましたことは、こちらでも確認しております。
彼等を取り巻く目が今後も増えていく事は、
とても望ましい事です。
また何かございましたら、連絡を頂きますようよろしくお願いいたします。
2007/11/27(火) 01:34:52 | URL | 広島広報支援の会 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/06/01(月) 09:45:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。