広島で新しい家族を待ってます
広島ドッグパークでは里親を募集中、 現地の情報で現場で接している目線で犬を紹介します。 現在保護団体が活動してますが、このブログは ワンコとボランティアさんたちを支援するブログです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疑問点
今日は、ボランティア基金返還等請求訴訟の期日でした。
裁判では、支援金等の返還請求に加え、今回浮き彫りになった
多額の「使途不明金」についての釈明請求がされています。
この釈明請求に対し、被告代理人弁護士は
「(使途不明金の釈明と)原告らのボランティア基金返還請求との関連を示せ」
と反論し、原告側の書面提出を経て、釈明は次回期日以降に持ち越されることとなりました。

 次回期日 11月16日(金)午前10時~

裁判は進行に時間がかかります。
ジレンマはありますが、今後も注目していきたいと思います。



さて、原告の会HPにアップされた、支援金振込先として団体が指定した2口座の
総勘定元帳の履歴をまとめた裁判資料ですが、
私たちは、広島・大阪(豊中)での活動を振り返り、照らし合わせながら、
その裁判資料に目を通しました。
すると、いくつかの疑問点がでてきました。
裁判上で争われていない論点もありますが、ご了承ください。


広島ドッグぱーくで集めた募金箱の現金 入金履歴なし
 ぱーくには、ボランティアさん達、譲渡会に来た里親さんや里親候補者さん達の
 善意が集まった募金箱がありました。
 K社から無償提供のあった飲み物を手にして
 「買ったつもりで」と、その透明の募金箱に募金をしたボランティアさんもいました。
 金額こそ分かりませんが、その現金が入金された履歴が見当たりません。
 

・手渡し支援金 入金履歴なし
 私たちの知人は、実際に支援金として現金を団体に手渡ししています。
 同様に手渡しされた支援金、また物資と一緒に送られてきた支援金は
 ある程度まとまった金額になると思うのですが、入金された記録が見当たりません。

 公の会見で彼らが、口座に入金したと明言しているのを聞いたのは
 私たちだけではないはずです。


・豊中保全の弁護士費用、担保金等の出金履歴なし 
 豊中に移動した犬たちをめぐり、所有権を主張する団体から保全の申立、執行、
 また訴訟が提起され現在も係属しています。
 ですが、弁護士費用、保全決定を得るための担保金が支払われた記録がありません。
 また保全されたうちの1頭については、彼らのHPで手術をしたことが報告されていますが、
 動物病院に手術代と思われるほどの支払いは見当たりません。
 これもボランティアでしょうか。
 もし団体事務所以外に保管されているとすれば、当然保管費用が発生するのではないかと
 思われますが、一切支払った形跡がありません。
 被告になっているボランティア基金返還訴訟については
 しっかり弁護士費用と思われる支払いが記録されていますね。


・高島不動産前所有者らへの売買代金等 出金履歴なし
 高島の不動産の登記簿上の所有者は団体代表者個人となっています。
 権利能力なき社団は登記名義人になれない、という登記上のルールに従った上での登記
 だったとすれば、代表者個人が所有者として登記されていても、即座に「おかしい」とは
 言えません。
 ですが、彼らはHP上でシェルター運営資金を募っていますし、その真偽は別として、
 シェルター資金が6000万円あったと言っていました。
 高島の不動産は、事実上、団体のものと考えるのが自然です。
 
 ところが、シェルター資金が6000万円集まったはずの口座から、
 売買代金等が前所有者らに支払われた記録が見当たりません。
 個人口座に移してから支払った、なんてことになれば、公私混同もいいところ、
 それはそれはおかしなことになります。

 
 仮にも彼ら自身が「犬たちのため」という大義名分で行った保全や、
 シェルター取得のための費用は、一体どこからどのようにして支払われたのでしょう。

 加えて、治療費として使われた金額が過少だったことや
 私的流用と言われても仕方ないような先への支払い。
 善意の支援金を管理しようとする姿勢は微塵も見受けられません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本記事にリンク貼らせていただきました。
2007/09/22(土) 00:28:24 | URL | くまねこ@犬の下僕 #mO3NPgOE[ 編集]
くまねこ@犬の下僕様
リンクありがとうございます。
ますます自体は混迷を極めてきましたが、
高島の皆さんの頑張りに感謝しつつ、
私たちも精一杯応援していきます。
なにとぞご協力のほどヨロシクお願いいたします。
2007/10/08(月) 20:12:27 | URL | 広島広報支援の会 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。